top photo
常盤堂雷おこし雷門本店
江戸時代より、下町の心、伝統の味を守り続ける

「雷おこし」の名称は、雷門に由来し、寛政年間(200年以上前)から売られていた。以来“家を起こす、名を起こす”縁起を喜ばれて観音様参詣のおみやげとなる。
明治の中頃、現在地に店舗を構え、東京を代表する銘菓として全国に知られる。
「雷おこし」の特徴は原料に最高の米を使い、砂糖を主体とした、ソフトな仕上がりにある。

 
 
このページのURLを友達に教える



Copyright (c) 2004 常盤堂雷おこし雷門本店. All rights reserved.